中途採用 転職面接の質問対策「面接の心理学」

中途採用 転職面接の質問対策

言うまでもなく、企業が転職者に求めているのは「即戦力」です。
新卒の場合は人間性が重視されますが、中途採用の場合はキャリアが重視されることは明白です。

まずは自分のキャリアのまとめと把握、志望企業とのマッチングを正しく理解しましょう。
その上で、マッチングが高ければキャリアを前面に出す、マッチングが低ければ人間性や仕事力を前面に出すという選択をしてください。

中途採用面接は、新卒のような一次面接が無いのが普通です。
エントリーシートが通ればいきなり所属予定部署の上司と部門面接となります。
相手は即戦力を求めているので、専門用語や業界話も含め、相手も当然知っているだろうという前提で質問をしてきます。

今までの自分の仕事はもちろん、今から行く企業の情報、希望部署の仕事内容や競合企業、その業界における志望企業の特徴なども勉強しておきましょう。

新卒面接と同様、自己暗示は必須です。

これから受ける企業の「求める人材像」をチェックし、「自分はピッタリの人材だ!」と自己暗示をかけましょう。

次に事業内容を把握し、自分がなぜその業界を志望したか、その中でもなぜその企業を選んだのか、具体的にストーリーを考えましょう。

そしてその企業のホームページを隅々まで読み、その会社を心から愛し、どうしても働きたいという気持ちを高めるようにしてください。

最終面接は人間性を試されます。
前職を辞めた理由は常識外れでないか、また辞めてしまう可能性はないか、仕事に対するモチベーションは高いか、協調性があるか、積極性があるか、などを探られます。

一般的な質問だけでなく、わざと頭に来るような質問をして対応力を見るなど、いわゆる「圧迫面接」という手法も用いられます。
常に冷静に、大人の対応ができれば大丈夫です。
最後までキャラを崩さず、面接官を接待する気持ちで臨みましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ