就職・転職面接の質問対策 「面接の心理学」

面接の準備は万全ですか?
10分だけ、心理学を勉強して、勝率を上げておきませんか?

「あいつ学校の成績は最悪なのに、なんで大手に次々と内定するんだ?」

「あの人はものすごいキャリアなのに、何で転職先が決まらないの?」

そんな疑問を抱いたことはありませんか?
実はこんな疑問が起こること自体、勘違いなのです。

日本人は、「黙っていても、本当の気持ちは伝わる」という美しい考えを持っています。
これはビジネスの世界では、致命傷になりかねない考え方です。

面接官もただの人。 あなたが言ったこと以外は把握できません。
面接でPRできなければ、どんなに高い能力も無意味です。
逆に面接で自分自身を上手にプレゼンできれば、面接は簡単に通過するのです。

今まで培ってきたキャリアは、今更どうにもなりません。
面接直前の今こそ身に付けるべき能力、合否の分かれ目、それは・・・

心理学 です。

面接官の心理がわかれば、質問に対して求められている答えがわかります。
面接官に好印象を残す術を知れば、面接は圧倒的に有利に進むのです。

このサイトでは、心理学を応用した面接のテクニックを紹介します。
難しいことは何もありません。 時間も10分程度です。
面接に行く前に、少しだけ読んでみてください。
あなたの勝率は、きっと上がるはずです。

注意事項
当サイトはリンクフリーです。
記事および画像については、著作f権の関係上、一切の転載を禁じます。
このホームページは、管理人の個人的な経験を元に作成しているものです。
ご利用は自己責任でお願いします。 当サイトは一切の責任を負うことはできません。


面接どころか、まだ会社選びで迷っている、という方に。
あなたが会社を選ぶ理由別に参考資料を用意しました。
新卒学生の就職活動の平均値は以下の通りです。
100社エントリー → 30社のセミナーに参加 → 10社面接 → 2社内定
自分で自分の適性を狭めず、幅広い選択肢を持ってください。

A: 会社の安定性 (経営の安定、従業員数、資本金)
大企業、大きな市場である程度のシェアを持っている企業がオススメです。
・ 資本金:3億円以上であること
・ 従業員数:正社員が単独で300人以上いること
参考:優良企業ランキング

B: 会社の将来性 (職場の活気、事業の伸び、市場の勢い)
とにかくこれから伸びる業界、勢いのある会社を選びましょう。
日本は材料不足が慢性化しそうなので重工業は避けたほうが無難です。
日本が強い分野、かつニーズが絶えない分野が良いでしょう。
パソコンや家電などの電気メーカー、日本がトップの車メーカー、ゲーム、精密機器などの会社がオススメです。
・ 単独の計上利益:徐々に増えていること(売上ではなく利益を見る)
・ 採用人数:近年増加していること
・ 事業内容:ニーズが確実に絶えない市場であること
参考:人気企業ランキング

C: 働きやすさ (希望勤務地、職場の雰囲気)
希望勤務地がはっきりとしている場合、中堅企業を選びましょう。
基本的に、大企業は勤務地を希望することができません。
また、将来性の明るさと職場の明るさは比例します。
・ 単独の計上利益:徐々に増えていること(売上ではなく利益を見る)
・ 事業所:自分の希望する勤務地にあり、全国展開しすぎていないこと
参考:働きやすい会社調査ランキング

D: 給料 (月給、ボーナス、生涯賃金)
初任給はどこに就職してもほぼ変わらず、差がつくのはボーナスと年をとってからの給料です。 これは労働組合の有り無し、その強さで決まります。
また、企業の経営状況によっても左右されます。
関連会社や中小企業には労働組合が存在しないことも多いため、できれば大企業の本社を狙ってください。
・ 単独の計上利益:黒字であること(売上ではなく利益を見る)
・ 労働組合がある。
以下のサイトも参考にしてください。
参考:30歳時年収ランキング
参考:ボーナス調査

E: 職種 (自分のやりたい職種)
大企業であればあるほど、採用者を決めてから、あるいは新人研修を見てから、その人の職種を決める企業が多くなっています。
職種にこだわりがある場合、中小企業を狙うのも良いと思います。
・ 募集職種:希望職種があること、近年の採用実績が十分にあること

F: 世間体 (有名さ、ネームバリュー)
大企業の大半はエンドユーザーが法人の企業、つまり企業間取引を主としている企業で、その業界の人は誰もが知っていますが一般の人はあまり知らないものです。
誰もが名前を知っている企業とは、エンドユーザーが個人の企業、つまり私達が日々の生活で使用するものを作っている企業です。
家電製品、自動車など、自然に企業は絞られてきます。
・ 会社名:世間体をアピールしたい相手(家族など)が知っていること

G: 若くても出世できる会社 (年功序列ではなく実力重視)
安定した企業とは会社の構成がしっかりとしており、個人に頼らず、システムとして動いている会社です。 そのため、やはり出世も年功序列になってしまいます。
日本を代表する大企業は、ほとんど例外無くシステマティックです。
最近は実力重視の風潮が高まり、若くても実力があれば活躍できますし、能力給も若干はあります。 しかし出世となると年功序列が現実です。
例外があるとすれば、最近のIT業界だと思われます。
上場したばかり、あるいは今後確実に上場すると思われる企業を狙って就職すれば、若くして中心人物になれる可能性はあるでしょう。 しかし難しいことは確かです。
・ 会社の状況:確実に将来性があり、今はまだ大きすぎないこと

サブコンテンツ

このページの先頭へ